日本茶インストラクターとは

■日本茶インストラクター認定制度

近年、日本茶に含まれている様々な成分が健康に対して効果効能を持つことが明らかにされ、社会的にも日本茶への関心が高まっています。社団法人日本 茶業中央会では、日本茶の正しい知識を普及し、日本茶文化の発展を推進する事を目的に日本茶と消費者の接点となる指導者を認定する「日本茶インストラク ター認定制度」を平成11年に制定致しました。2004年4月現在、約1,500名の日本茶インストラクターと約1,800名の日本茶アドバイザーが全国 各地で活躍しています。


 日本茶のあるシーンを様々に演出

■日本茶のスペシャリストとして

今、 多くの場面で「日本茶」が注目されています。日本茶をテーマにしたテレビ番組や雑誌、書籍は反響を呼び、各地に「日本茶カフェ」がオープンするなど、日本 茶のもつ健康効果や味わい、くつろぎのイメージが見直されています。しかし、「日本茶」に関する専門的な知識や技術を持っている人は少なく、そうしたスペ シャリストへのニーズは高まっています。この様な中「日本茶インストラクター(中級)」「日本茶アドバイザー(初級)」の認定資格を所有した方々は、すで にさまざまな形でその力を発揮し、活躍されています。

■資格受験・申し込み・認定試験について

資格受験・申し込み・認定試験については日本茶インストラクター協会(本部)のホームページをご欄ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です